★新連載★Harmony入会のきっかけ(家族との別れ5)


今回は、50代男性という事で、これで、30代、40代、50代、60代が揃い踏みとなりました。
Harmonyをご利用いただいております、各世代毎のリアルなご活動を通して、
皆様の活動の一助としてご参考となりましたら幸いです。

前回からの続き

妻の所へ電話をかけても一向にらちがあきません。

私は意を決して、ロシアまで妻を迎えに行く事にしました。
今まで一人で仕事のために海外へ行く事はありましたが、ヨーロッパは初めてです。
妻とはインターネットで知り合い、数か月間メールや電話で交際をし、私が日本への招待状を書き、日本への渡航費用を送金し、妻が日本へ来ました。
そして二か月ほどで結婚をし、妻が身ごもりました。

ですので、私は一度もロシアに行った事はなく、妻の実家も初めて、妻のご両親に会うのも初めてです。

電話で妻に「ロシアへ迎えに行く」と伝えると、心成しか妻が喜んでいるような印象を受けました。
その後、私のロシアへの渡航の日程などを連絡した時も一人で渡航をする私を励ますように「大丈夫、入国も飛行機の乗り換えも全部うまく行く」と言います。
私は妻の気持ちを「自分のために遠くから夫が会いに来るのが嬉しいのかな」などと推し量ったりしますが、しかし妻が帰ってくるわけではありません。
とにかく妻の元へ行き直接会ってみるしかありません。

ロシアへ渡航する前に、まだ買っていなかった、結婚指輪を購入しました。
あまりに身ごもるまでが早かったため慌てて結婚の写真は撮りました、お腹が大きくなってからでは格好悪いと思ったからです、でも指輪はまだでした。
私は金持ちではないので、高いものではありませんが、もし彼女が帰って来てくれなくても彼女と私が結婚していた事の証としての何かが欲しい気もしました。
月並みでいいから……、 子供の他に……、 彼女から離れる事のない物を。

次回へ続く。

関連記事

2018年11月
« 10月   12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
過去の記事を一気読み

カテゴリー

おすすめ記事

ページ上部へ戻る
close next picture next picture
Original Picture...