ロシア女性との国際結婚日記・「お母さんと一緒に」のパート5


会員M様からの『番外編』も、随時お送りさせて頂きます。
今回は、奥様のお母様が来日されたました、その辺りのレポートをお送りさせて頂きます。

『5月2日は由利本荘市の元スタッフ、★★夫婦に会いに出かけました。
電車を使いまして由利本荘に到着です。
まずは駅前の超有名な「自家焙煎コーヒー薫」に立ち寄りました。
お店の中は撮影禁止ですのでお店の前で撮りました~笑


私のコーヒー自家焙煎歴は31年になりますが師匠が薫のマスターですね~

次に由利本荘市文化交流館 カダーレに行ってみました。
http://kadare.net/wpress/
特産品の世界最大級の「本荘ごてんまり」ですが・・・、
http://www.yurihonjo-kanko.jp/modules/d3blog/details.php?bid=738
他に移動したみたいでありませんでした~笑
少し小さめの御殿まりの前で記念撮影です。
次に訪れましたところは「八幡神社」です。
http://www.kensoudan.com/firu-minami-e/honnjyou/hatiman.html
ますは鳥居の前でパチリ!
途中ですね~
拝殿の前は写真を撮るのを忘れてしまいました~笑
次は私のお寺さん「超光寺」の墓参りに行きました。
http://www.kensoudan.com/firu-minami-e/honnjyou/tyoukou.html
墓の前でパチリ!
「一平」という有名な焼き鳥屋さんで夕食を食べましてから
「ブルーシャトー」というカラオケパブに行きましてナターシャ夫婦と会いました。
皆で記念撮影ですね~
後ろにボーズのスーパーウーファーが写っていますが、ブルーシャトーのママさん曰く
「ボーズのスーパーウーファを置いている店は秋田県ではウチだけ!」
との事ですが、後ろにセットしている為にマイクの向きが悪いと「ハウリング」を起こすのです。
「前」に置かなければいけないのですね~笑
立派なステージとグランドピアノまでセットしているお店ですが、
ママ以下スタッフも「素人」なので、素晴らしい音響設備が上手く活かされていない様ですね~笑
こちらは2人で歌っているところです。
ロシア語の歌と日本語のカラオケを歌いましたが、
このお店はマイクスタンドが無くて「毎回持参」になりますね~笑
ロシア語の歌を歌い終わりましてナターシャから
「ロシア人が歌っているみたい~!」
と言われまして満更ではない印象でした~笑
3人とも気が合う様子で話しが止まりませんでしたね~笑
前にも書いたと思いますが、
ロシア語の歌はカラオケの機械に入ってませんので、DVDかCDを作りまして歌う事になります。
お店にDVDプレーヤーがないと歌えないのです。
従って我々の行く「お店」は限られてきますね~笑
このブログをご覧の皆様も是非、「ロシア語の歌」を歌える様になって頂きたいと思います。
間違いなく「ウケ」ますよ~笑
ロシア語の歌の良いところは多少歌詞や発音を間違っても
「普通の日本人には歌詞が分からない」という点です。
「プレッシャー・ゼロ」で何処でも歌えますね~笑
少し自慢話になり恐縮ですが、「秋田県でロシア語の歌を歌えるカップル」は1組もおりません。
おそらく日本でも数少ないと思います。
皆さんのお知り合いで「ロシア語の歌」を歌えるカップルがおりましたなら
中村社長にお伝え下さい。
是非、お会いしたいカップルですね~!』

いつもカラオケで、とても仲睦まじいご夫婦です。
画像編集をして下さる、前川さん曰くも「とても、いつもいい笑顔です 」との事で、
一緒の趣味を持たれる、素敵なご夫婦として、ご結婚後の成功例ですね!
弊社会員様達には、あとに続いて頂きたい参考事例です。

今迄にご成婚頂きましたカップルのお写真は、来社面談等、私共と直接お会い頂く際には、
閲覧が可能となっておりますものも、多く御座います。

以前より、お問い合せの中でも「結婚生活について」のご質問がありました。
将来の事を考えれば、ご質問はよく理解できます。
然しながら、結婚生活についての掲載は、婚姻後、男性単独のお考えだけでなく、
奥様である、女性のお考えも大切であり、尊重すべき事だと思われます。
結婚生活に関しては、大いにプライバシーに関わる事であり、
結婚後の夫婦生活を、万人に晒す事には抵抗があるのは、当然の事であると思います。
また、既にお子様がいらっしゃるご夫婦も多く、お子様達のお写真も同様です。
ご夫婦やお子様のお写真は、上記理由によりご夫婦のご同意が得られない限り、
弊社では掲載致して下りません。

弊社に画像を掲載頂いて下ります会員様達は、全てご本人様のご協力によるものです。
ご協力を頂いて下ります会員様方々には、心より感謝致して下ります。

スタッフのIrinaは弊社登録女性として、弊社の会員様とご結婚され、
その後、スタッフとして我々と一緒に仕事をし、
国際結婚の素晴らしさを身を持って表してくれています。

何よりも、「結婚生活」は生活環境で大きく変わります。
男性も女性も十人十色ですから、 「結婚生活」も其々です。
疑心暗鬼になる事も分かりますが、 結婚生活を、結婚前に考えるよりも、まずはお相手を探し、
結婚に至る様に為すべき事にチャレンジする事が大切だと思いますが、いかがでしょうか?

関連記事

2017年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
過去の記事を一気読み

カテゴリー

おすすめ記事

ページ上部へ戻る
close next picture next picture
Original Picture...