ロシア女性との国際結婚日記・その13


こんばんは、会員Mです。
私がHarmonyの運営統括宛てに、Skypeチャットでお送りしたメッセージを、
抜粋して掲載して頂きますので、文言はかなり砕けた感じですが、その点は予めご了承下さい。
出逢いまでの簡単な経緯は、『ロシア ウクライナ 国際結婚Harmony 運営ブログ』の、
出逢いまでのプロローグ、そしてご結婚へ』で掲載頂きましたので、そちらでご覧下さい。
こちらでは、出逢ってから結婚までを、色々と織り交ぜながら綴っていきます。
ご覧の方々に。多少でも参考として頂ければありがたいです。
(日時は、運営統括がメッセージ受信した日を基準としておりますが、多少の誤差はご了承下さい)

2015年5月13日
『おはようございます!

昨日の練習は初めに Roman さんの歌を(半分笑いながら)聴いて発音を確認し、
それから Alsou の歌を聴く方法をやってみました~

理由は Alsou の歌を私は裏声で歌っている為に
声が喉の奥上から出ているので、発声に使う筋肉が地声と違うからです。

Roman さんは男性キーで歌っていますので
まず男性キーそのままで発音してから
女性キーに切り替えるという方法をやってみました。

練習し始めて10分後位でしょうか・・、
タイミング良く★★からコールが来まして
「Hi , ★★ ! please help 」と言って
そのまま歌いながら「今日のレッスン」に入りました~笑

Roman さんと男性キーで一緒に歌って★★に発音を確認してもらい、
次に Alsou と一緒に女性キーに切り替えて発音を確認してもらいましたところ
やはり部分的に発音が少し弱くなったり、少し違う部分があると言われました。
今回は「Pretty good!」という評価でした~

2回目に★★が「Roman is a good teacher !」
と笑いながら言ってましたので、
途中で「Roman さんから Roman 先生」に切り替えまして
次々と同じ方法で歌いまして、
最後は3回目の Roman 先生オリジナルの終わり方で「一緒にシメ」まして
★★と「2人で爆笑!」でしたが、
「今日のレッスン」を終了致しました~笑

スカイプを切りましてから英語で「裏声で歌う」を lady’s key や high note
で説明しまして分かってくれていた様ですが、
上手く言えませんでしたので、調べましたところ
「sing in a falsetto 」と言う事が判りまして
「一生忘れないな~」と勉強になりました~

11分40秒位から3回目に入りますが、
いゃ~、皆さん「Roman 先生オリジナルのシメ」
は何回聴いても笑ってしまいますね~笑

★★が解説してくれましたが、
「今日は30時間近く皆さんの為に頑張ったので、とても疲れています」
という事でした~笑

「ロシア語カラオケ、歌謡曲部門、女性歌手クラス、日本一」
まであともう少しという感じです!』

2015年5月15日
『おはようございます!

昨日朝、★★からメールが入りまして
2か月間練習してやっと出来る様になった
「Ashtavakrasana」というヨガ座位の写真を送ってくれました。

写真を見ますと
「なんだ~、昔中学生の頃にやっていたものじゃないか~」
という感じで、これがヨガの座位とは知りませんでした。

「★★ , I used to do this asana when I was in junior high school .
Because I was in Gymnastics club .
That time was very easy for me but ,
now I do not know if I can do the same asana .」と書いて
You Tube の参考ビデオを張りましたのがこちらになります。

★★ , this one is a normal style , right ?

And this one is very good !
I used to do like this .

最後に写真をお送り致しますね~

一昨日は Winter Dream の「ハモりビデオ」を発見いたしまして
★★にメールで送りましたが
昨夜、8時頃から練習を致しましたのがこちらです。

聴きますと意外に簡単で最初から歌えました~
8時半頃に★★のスカイプアイコンが点きましたので
私からコールしまして「Did you see my e-mail ?」
と聞きましたところ「Yes , I saw the video」と見た様でした。

「OK , I’ll show you the second part」と言って
男性パートを歌って見せましたところ
「▼▼ , you have the talent to sing a second part 」
と言って感心している様でした~

オリジナルのWinter Dreamを流しまして
最初に一句一句の発音をチェックしてもらい
次にライブビデオと一緒の感じで2人でハモって歌って見ましたところ
「かなりイケる」感じがしました~
「これはまたオリジナルが作れるな~」と直感致しました。

9時近くになりましたので
「★★ , finally I want to sing this song for you , please listen 」
と言って Roman 先生のこちら、17分03秒頃からの「パカー、ソング 」

を歌いながら途中でぬいぐるみのクマさんを持ちまして
手?前足を振って「今日のレッスンを終了」致しました~笑

★★もいきなり歌いましたので
「半分ビックリ」で笑っていました~笑』

関連記事

2015年8月
« 7月   9月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
過去の記事を一気読み

カテゴリー

おすすめ記事

ページ上部へ戻る
close next picture next picture
Original Picture...