女性との別れに反省なんかいらない。


こんにちは。田中です。

田中は過去に30回以上アプローチを行いました。

数多くフラれました。

それは一瞬の時もありましたし、交際中や婚約に近い時もありました。

田中はフラれる事に慣れているのです!

 

私はいつも気を付けている事がありますから、もしよろしければ聞いてくださいね。

 

それが起きるには、ある程度関係が進んだ時のフラれ方に現れます。

 

例えば、交際中の女性にフラれた場合は、『男性・あなた』が別れの原因と言うでしょう。

 

このケースにあてはまらない場合も当然あります。(お国の問題や、ご家族、お仕事)

また、男性を褒めちぎって別れるケースもあるんですかね・・・!?遭遇したことが無い。

フラれる時は一瞬ではなく、男性側にも追い打ちをかけるような、台詞がいつもあるんです。

 

『別れ際の決まり文句』と私は名前を付けています。

 

『はい・さようなら』と別れられれば良いのですが、女性は別れの際に男性のウイークポイントを伝えてくるでしょう。

例えば、

言葉が通じなかった。

紳士的では無かった。

必要に結婚を迫られた。

楽しく無かった。

いつも不安だった。

性格が合わなかった。

 

前にも私は書きましたが、これは女性の台詞は決まり文句みたいなものですから、絶対に気にしない方が良いです。

 

私は第三者にそれを言われても「はい・はい」って言って反省なんかしません。

 

だって、数多くのプレゼントや想いでをいくつも女性に与えたのですからね。

 

絶対に気にしない方が良いです。2度言いました・・。

 

なんで、そんな事を言うのかと考えました。

特に外国人女性に多いという事ではありませんが、お互いエージェンシーを通していますので、女性が理由を明確にする必要があるからではないかと・・・。

まぁ仕方のない事ですね・・。

*ペンパルなんかの別れ方はメールを返信しないとか、音信不通が多いですよね。

*日本人同士の場合は「ご縁がなかった」ですけど・・。

まぁ言われますと、この時点で男性側が一方的に悪くなりますから当然落ち込みますよね。↓↓↓↓↓↓↓

モチベーションが大きく下がってしまうのです。

こちらも、ハッキリ言って納得がいかない場合もあると思いますから、『捨て台詞を言ってやろう』という事になりますと男性側のイメージがもっと悪くなってしまいます。

男性側が悪く無くても、悪いことが肯定されてしまいますから、これはいただけません。

我々は献身的に女性をサポートしてきましたし、プレゼントも沢山渡したでしょう。

渡航もしてお金も使ったと思います・・・男性の中には招聘もなされた場合もあります。

 

女性は楽しかったと思いますよ~。

 

この女性の最後の台詞に乗せられてはいけないと思うのです。

男性自信、自分の行動(恋愛)が間違っていなければ、あなたに問題はありませんよ!

むしろ、女性は楽しくあなたと過ごせたわけですから、本来は感謝すべきでなのですが毎回このような流を私は経験してきますと、

 

逆にこの時こそ女性に優しく接するべきだと考えているのです。

 

女性との別れに反省なんかいらない。

 

あなたが他の男性より魅力的であれば、女性はきっと戻ってきますよ!

 

自信をもって私を含め恋愛を楽しんでいきましょうね。

私は毎回フラれてもあっけらかんとしています。

女性は現地に沢山おりますからね。

 

別れた女性があなたと別れて後悔しても遅いですから!?

 

モチベーションを維持しながら、皆様一緒に楽しい恋愛をしていきましょう!

 

田中の個人的な見解ですのであなた自身のご責任で本件のご利用をご判断下さい。

素晴らしい出会いを!!

田中は短期間(6カ月)で交際2回婚約(実質2回)と実績もありますので、よろしければ引き続きお読みくださいね。

それでは!

関連記事

2015年4月
« 3月   5月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
過去の記事を一気読み

カテゴリー

おすすめ記事

ページ上部へ戻る
close next picture next picture
Original Picture...