「キエフに来てください」 ブログ9回目


シーズン2

本命のウクライナハリコフの子持ち女性との日露翻訳サービスでのやり取りは順調です。

その合間を見て、フィーリングが合いそうなウクライナ、キエフの女性とのやり取りが始まっています。

この女性はロシア語しか話せませんので、私は日本語~英語~ロシア語へと翻訳した文章をメールやSkypeにて自己紹介をなどを送っています。

メールは主に日本での生活や私の写真。

Skypeは質問などを送っています。

しかし、女性からの返事はありません。

しばらくしてSkypeにて返事がありましたが、そこには

「キエフに来てください」
※ロシア語で1行だけ・・・。

とだけ書いてありました。

私は非常に困惑したのですが、女性からの返事の無い理由などはあえて聞きませんで、女性宛てに

「キエフに会いに行きます」

と返事しました。

その後、レスポンス良く、

「嬉しい、待っています」

※ロシア語で1行だけ・・・。

書いてありましたので、私は今月の終わりに行く事を伝えました。

殆どやり取りがキエフとの女性とはありませんでしたので、ハーモニー代表に相談致しまして、スタッフより女性へ連絡をして頂きました。

Kiev 30

その内容は

本当に会う気があるのか?

いつ会うのか?

通訳はどうするのか?

空港まで迎えに来るか?

など、流石ハーモニーのスタッフで手際よく女性とコンタクトを取り、私がハリコフへ渡航する際にキエフ経由となりますので、一度女性に会ってからハリコフへ向かう段取りも提案され、私はその提案を受け入れ、早速渡航準備へと入りました。

ハリコフの子持ち女性との会う段取りが決まれば、いざウクライナへ渡航です。

ハーモニースタッフの後押しなければ、段取りが上手く進まなかったかもしれませんね。

ではなく、進まないでしょう・・。(笑

感謝です♪

p.s.

ちょうどその頃、ウクライナ・ハリコフの子持ち女性から写真が届きました。
そこには、可愛いお子様と女性の写真が数枚添付されていました。
私は強い希望と大きな確信を胸に抱きました。

 

※この日記は2014月7頃に書き溜めた物を掲載しています。現在の国際情勢等ご自身のご判断の上、渡航してください。
より渡航しやすいウクライナ西部”ヘルソン、リヴィウ”カテゴリも2014年9月より新設されたとの事です。ウクライナは広いですね!

photos by: &

関連記事

2014年9月
« 8月   10月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
過去の記事を一気読み

カテゴリー

おすすめ記事

ページ上部へ戻る
close next picture next picture
Original Picture...