★新婚生活の巻・・・その1 前篇★


いよいよGWに突入ですね!
本日から、複数の会員様が現地渡航で女性達の元へ~
サンクトペテルブルグ」へ現地お見合い渡航の方もいれば、
国内お見合い女性」と事前にコミュニケートされ、会いに行かれる方々もおります。
この度の未曾有の大震災により、
家族の絆・人と人との結びつきの大切さを改めて考えさせて頂きました。
人生における困難な時こそ、家族や大切な人と支え合う事により、
強い力が生まれ、困難に立ち向かう事が出来るのだと思います。
今夜は、2011/03/05掲載の今年ご結婚されました男性会員様より、
新婚生活の模様をご報告頂きましたので、掲載させて頂きます。
本来は、3月に掲載させて頂く予定ではございましたが、
状況を鑑みこの度掲載させて頂く事に致しました。
この度は、会員様ご夫婦のご厚意により、原文をそのまま、
本日と明日に分けて、掲載させて頂きます。 (ご本人様承諾済み)
ご結婚に至るまで、私共のアドバイスに素直に耳を傾けて頂き、
そしてまた色々なご意見も賜る事が出来ました。
この大震災で、奥様のご家族が心配され帰国を促し、
そしてまた会員男性様も帰国を促されたそうですが、
奥様が、「私は貴方と結婚したのですから、貴方の側を離れません!
なんびと足りとも、二人の仲を裂く事は出来ません」とお返事されたそうです。
この様に、愛情があり、絆が深まれば、困難な事も乗り越えて行けるのだと思います。
これから国際結婚を目指す男性達にとって、大変励みになります・・・
新婚生活の巻 その1(前篇)、本当にいい嫁さんに来てもらって幸せ真っ只中です。

「1月27日に共に来日、翌28日に入籍とビザ変更申請を済ますことに成功した、
私とIrinaは初めての土日の休日をゆったりと過ごすことができました。
家のあれこれ、近所の案内、そしてせっかく京都に嫁いて来たのですからということで、
金閣寺に行きました。二人でカメラを持ってうろうろしていると、
私よりご年配の大阪の方々が「写真とったろ。」と言ってくださって、
私は”We are just married, on the honymoom, from Russia. We are Russian ! ”
とおどけて言うと、みなさん本気にされて一段と盛り上がっておられ、
Irinaは笑いが止まりませんでした。
寒中の金閣とIrinaがとても美しくマッチしていました。
中ほどにお茶席もあり、日本好きの妻もお茶を立ててもらったのは初めてみたいです。

IMG_1552.jpg
IMG_1563.jpg

私は日本の様子をできるだけ実家のご両親に送ってあげたかったのです。
一人娘が日本にお嫁に行ってしまって、あの気丈なお父さんがとても淋しくしていると
妻のお母さんがおっしゃっているとも言っていましたから。
その後、私たちは京都の名所のいくつかに行きました。
銀閣寺、哲学の道、稲荷大社、平等院などなどです。
いつか姫路城と富士山を見に連れてやりたいと思います。
実を言うと、この冬の時期しかスキーができないので、
2月に3回もスキーに連れていってやりました。
妻はスケーターで、スキーは初めてスキーブーツを履くことになった全くの初心者です。

IMG_1621.jpg
初回はボーゲンもできない状況でしたが、やはりロシア人、
-20°の雪の上をスリップしながら過ごして来ただけあって、驚くべき進歩です。
信じられないことですが、滑走日数4日目にして斜面によっては、
パラレルで滑っています。雪上での滑走スピード感覚がやはり雪国の人間なのです。
「次の土日もスキーに行けるの?」と妻、「そんなスキーばっかりしてられない。」と私、
というくらいになってくれました。

次に妻の人柄のことです。いくら真面目でいい娘だとわかっていても、
一緒に暮らしてみると知らなかった人となりがわかってくるものです。
多くの場合は、どちらかというとお互いのボロが見えてくるものなのでしょう。
しかし、妻の場合は少し逆で、驚くことに良い事ばかりが、
住んでみてはじめてわかってきたのです。
正直言って、たまたま私は単に運が良かっただけなのだとつくづく思います。
お父さんがおっしゃっておられたのですが、妻は子供のころから自立心も強く、
専業主婦は初めてではありますが、やはり会社勤務でもきちっとお務めしていた
ということが生かされているのだと思っています。
スカイプでは冗談半分で「あなたの晩ごはんはインスタントラーメンかも。」
と言っていたのに、毎日毎日素晴らしく手の込んだ西洋(ロシア?)料理が、
食後のティー&スイーツ付きで出てくること、思ったよりもいい意味で神経質で、
掃除や片づけが出来ていて床と窓がいつもピカピカなこと、
全くグリーディ(貪欲)でなくブランド好きでもなく、
贅沢をさせてやれない私や私の状況や考え方についてきてくれること、
必ず私の1時間前に起きて、
私が起きると綺麗な朝食がコーヒー付きで食卓に並べられていること、
結婚前以上に言葉・表現・行動ともに愛情深いこと、
日本や異文化理解にとても長けて自分をうまくアジャストしていること、
日本食がほとんど難なく食べられ、
なんと納豆を2日に1パック!食べていること(こんな外人は生まれて初めてです)、
そしてこれが私には一番有難いことなのですが、
年老いた私の母に敬意を持って接してくれて、
とても協調的に同居してくれていることなどなど、
若干26歳の彼女に多くを期待していなかった私には正直驚きの連続です。」

明日につづく・・・
Harmony_bunner_2.jpg contact.gif free_ap.gif
Harmony独自のシステムは、画期的に女性と日本で会う事が可能となっております。 

ご入会前に希望女性へのアプローチが無料です。
「アプローチ中」表示女性でも、アプローチは可能です。
アプローチ表示は常時切り替わっております。F5を押して常に更新してご覧下さい。
アプローチ以外にも、追加画像リクエストなど、男性から何らかのアクションがある場合に、
女性達の画像が「アプローチ中」表示となっております。

ご入会前無料アプローチの賢い利用方法を良くご覧ください。
タイミングは重要です。まず、アプローチの手続きを済ませて頂ければ、
希望女性が掲載されましたら、直ぐにアプローチが可能です。
国際結婚を真剣にお考えの男性は、お気軽にお問い合せご連絡下さい。
これからも
Harmonyでは、日本男性にエールを送り続けます。
続々
ロシア・ウクライナ・ベラルーシなど東欧女性が登録されます。
画像は、随時UP致しておりますので、お見逃しなく。
国内でお見合が出来るサービスでしたら、
お気に入りの女性がいれば、進展はすごく速いと思います。
ぜひ、
アプローチしてみてください。女性も貴方のアプローチを待っています。

ご入会前に人数無制限で希望女性へ無料でアプローチ頂けて、
更にイメージと違えば全額返金されるシステムですから安心です。

国際結婚 ロシア ウクライナ Harmony

営業時間は12:00~22:00となっておりますので、
宜しくお願い致します。

関連記事

2011年4月
« 3月   6月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
過去の記事を一気読み

カテゴリー

おすすめ記事

ページ上部へ戻る
close next picture next picture
Original Picture...